最低限主婦’s blog

最低限ちゃんとしようとする主婦です

歯痛の気力体力消耗はハンパない

この2日ほど寝込んでおりました。


歯痛で


歯痛、それは多分、あらゆる痛みの中でもトップレベルの痛み。

もう痛すぎてどこの歯が痛いのかもわからない。

もうそもそも歯が痛いのか歯茎が痛いのか頭痛なのかわからない。

ロキソニンを飲むも2時間しか効かない。

もう痛みに耐える気力が残っているかもわからない。

1日3回までのロキソニンを4回5回も飲んで、大丈夫か?私。

食事も作れない、仕事も休みました。



一昨日の朝、歯の詰め物が取れてしまいました。

あーあ歯医者に行かなきゃと思いながらチョコレートを食べた直後、

歯に激痛が

さっそく歯医者に予約を取り、夕方4時まで痛みに耐え、神経を抜いてもらって

ほっとして帰宅しました。


しかし、麻酔が切れるやいなや、再び耐え難い激痛が。

先生が神経を抜いた痛みが出るかもしれないと言っていたので

それかなと思いひたすら我慢。

ロキソニン飲んでもほとんど効いてくれず、ただ横になって時間が過ぎるのを

待っていました。

翌朝、早速歯医者に電話して診てもらうのですが、

先生は、「痛みの原因は別の歯かもしれない」ってことで、

怪しい歯を治療。

しかし、治療中もその後も痛みは増すばかり。


もう無理・・・

この痛みに私はもう耐えることはできない


私はある行動を起こします。それは、


別の歯医者に診てもらう


こと。

他の歯科の先生に半泣きで、今までの経緯を訴えました。

先生は

「それはつらかったですね」

そう言って予約なしにもかかわらず優しく対応してくれました。

そして、先生が治療に取り掛かってしばらくして、

私はその耐え難い痛みから瞬時に開放されることとなるわけです。


最初に神経を抜いた歯が膿んでいて、蓋をしているため膿が

圧迫して激痛を引き起こしていたのでした。

先生が「この痛みによく耐えましたね、つらかったでしょう」

そうおっしゃってくれたときは、涙がホロリ。


歯が痛いときネットで、歯の痛みを軽減する方法を検索して試しました。

患部を冷やす、これは少しは効果があったように思います。

しかし、歯の激痛は耐えがたいものです。

痛みが少し軽減したところでどうしようもない。

歯医者に行っても痛みが治まらない、そんな時は、


別の歯医者さんに行ってみることをおすすめします!


最初の歯科医はとても若い先生で、2度目の歯科医は50代のベテラン先生でした。

経験に優るものはないんですかねーやっぱり。


痛みのない生活を2日ぶりにおくれて、ありきたりですが、

健康で過ごせていたことに感謝しました。

歯1本の痛みでこんなに苦しいなんてね。

もっとちゃんと歯磨きしよう、

自分を大事にしようと反省したのでありました。


久々に家事も料理も何も出来なかったなー涙。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



広告を非表示にする