読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最低限主婦’s blog

最低限ちゃんとしようとする主婦です

親離れは突然に。

母さんは俺のことどう思ってるの?

って聞いてきたのは中1の次男


私 「え?世界で一番愛してるけど」

息子「なんか伝わらない、45%しか伝わってない」

私 「え?こんなに大好きなのに?」

息子「俺よりお兄ちゃんの方が好きな気がするんだよね」

私 「全く同じに大好きなんだよ」

息子「全然伝わってない」

私 「ショック」

息子「まあ、落ち込むなよ、子どもはどんなに与えても

   もっと親の愛情が欲しいものだからさ」

私「なんじゃそりゃ」


すると、それを聞いていた夫、

夫「ママは、パパと子どもたちどっちが好きなの?」

私「えー?答えるまでもなさすぎてさぁ」

夫「そんなに差があるの?」

私「ある。何倍だと思う?」

夫「3倍くらい?」

私「違う」



1億倍



次元が違うので、比べられないですよね。


親離れは徐々に、そして突然やってきます。

「母さん母さん」ってよく話しかけてくる次男も、

明日はどう変わるかわかりません。

日々成長しています。


長男は小1の時、

「俺はママと一生手を繋ぐよ」

って言ってくれた1週間後に

「恥ずかしいからもう繋げない」

って言われました。

「早っ!」

って思わずツッコミ入れたほどそれは突然訪れました。


長男と外で手を繋いだのは小1の2学期まで。

思い出すと切ない。


「将来絶対ママと結婚する!」

から、ある日突然

「親子で結婚できないんだよ、ごめんね」

に変わり、

最終的には

「母さんみたいな人とは結婚しない」

と言われるようになります(涙)


家ではよく話す次男も、最近一緒に外食してくれません。

「母親と2人で食事って、誰かに見つかったらやばいんだよね」

らしいです。


子育てって、一緒に過ごせる1日1日が本当に宝物ですよね。


息子たち、今でも気を使ってかまってくれてありがとうね(涙)





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村