最低限主婦’s blog

最低限ちゃんとしようとする主婦です

過保護のカホオチェック

f:id:saiteigensyufu:20170808090704j:plain:w400


ドラマ「過保護のカホコ」面白いですね!

父親役の時任三郎さんが最高です。


「大事なのはいつも冷静でいることと親切でいることだ」


そう自分に言いきかせていろいろ耐えていたお父さん、

先週ついにブチギレました。


ドラマを見ていて、

多分過保護に育ったであろう夫と私は、

多分過保護に息子たちを育ててきたところもあるんだろうなと思いました。

っていうか、ある・・・


付き合っている時、夫は両親のことを「親父」「おふくろ」

と言ってました。

でも結婚してみると、実際は「パパ、ママ」と呼んでいた。

暖かセットと題して、腹巻を着用していることも知らなかったし。

義母は夫が会社に行く時、暑い日はヒエピタ君、寒い日はホッカイロ、

雨の日は代えの靴下をカバンに入れていました。


新婚当初の私はそれを見て、ちょっと過保護すぎんじゃないかと

思ったりしたものですが、

自分が親になってみて、あんまり大差ないという(笑)



私は私で、うちの母親が

「娘は今まで誕生パーティーを開かなかったことが

 ないので毎年お願いします」

って夫の実家には私の誕生日に毎年ケーキが郵送で届けられた。

体にいいとされる物、無添加のシャンプー、いろいろ送ってきました。

何度もやめてといったんですけど、

お嫁にあげたけど、「命まではあげたつもりはない」と主張。

私が体弱かったので、母の意志は固いんですよね、そこらへん。

義母たちが優しかったからうまくいっていたのですね。

ほんと、夫の家族には申し訳ない。



どこまでが過保護なのか自分では判断しずらくて、

他人を見て過保護だななんて思っていても

当の自分がそうであることには気づかなかったりして。

そんなもののような気がします。


うち、これ過保護じゃん?ってまず思い浮かんだのは、


長男は19才、次男14歳なんですけど、

いまだに耳かきと眉毛カットは夫がやってます。

夫は1時間くらいかけて眉を整えてあげる。


私は鼻毛担当。

「思春期は鼻毛がでていると100年の恋も冷めるからね」

って私は息子たちに外出時、鼻毛チェックを促す。

「母さん、鼻毛出てた!抜いて!」

お呼びがかかると飛んで行ってピンセットで鼻毛を抜く。

実際は鼻毛が出ていることより、親に鼻毛を抜いてもらっている

事のほうが100年の恋も冷めるかもしれない。


過保護、過干渉になっていないか親は度々自分たちの子育て

が行き過ぎてないか振り返りはするものの、子を思いすぎて盲目になってしまう

ものなんでしょうね。


明日、過保護のカホコだ、楽しみー。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村




年齢を気にして好きなことを我慢しなくていい

次男は中学1年でお風呂に一緒に入らなくなりました。

ある日突然、

「母さん、俺、毛が生えたからもう一緒にお風呂入れない」

って言われまして。

私「え?うそ!すごいじゃん!どこどこ?」

思わず聞いたら、

パンツを脱いで股を全開にして

「ほら!ここ!」

って得意げに見せる次男


お風呂一緒に入るより、その格好の方がよっぽど

恥ずかしくね?

と思いながら、「ただの産毛やん!でもよかったじゃん!男だね!」

と、一応その矛盾には触れずに褒め称えておきました。


そういう、言動が伴ってないことがちょいちょいありました。


例えば

「母親と一緒にいる姿を見られるのは激ヤバ」と言いながら、

一緒に出かけたとき、友達がいないか周りをキョロキョロしながらも、

しっかり私の腕を組んでいる。とか。

一緒にいるより腕組んでるほうが絶対激ヤバでしょって思うんですけど。

心はまだまだ甘えたいので、

行動が伴っていないのですね。


次男、身長は夫を越えました。170越えを果たしまだまだ伸びています。

そんな次男が、

「泥だんご作りに公園に行くから、朝6時に起こして欲しい

 誰にも見られたくないから」

っていうんですね。

友達に見られないように朝早くに作りに行くみたいで。


そうですよね、この見た目で堂々と泥団子は作りづらいですよね。

どんな思いで泥団子を作りに行ったか心配で待っていたら

次男が帰ってきました。

そして一言。


「中2で1人で泥だんごを作り終わった後の空しさ・・・」


名言でました。


わかるよ、次男君。

自分の年齢を気にして好きなことやりたいことを思いっきり楽しめない

気持ち。

母もそうだよ。

年齢気にしてParfumeのダンス本域で踊れないんだよ。


次男はまだ中2。泥団子作るのまだ楽しいよね。

心と体の成長が伴わなくて戸惑うよね。

泥団子に興味なくなる日まで作ればいいよ。

好きなものは好きなんだから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村




誰にでも秘密はある

f:id:saiteigensyufu:20170806094408j:plain:w400


一昨日、夫が見慣れないトランクスをはいていたので、

「新しいパンツじゃん、自分で買ったの?」

と聞いた。

夫は

 「さすがママ!よく気づいたね!」

って驚いている。

そんなダサいパンツ買った覚えないから普通に気づくし。

 
私 「何でパンツ買ったの?」
 
夫 「それはママにも言えない」

私 「言ってよ」

夫 「言えない」

私 「まさか・・・うわ・・」






「漏らしたの?」


夫、苦笑いして頷く。



私 「何を漏らしたの?」

夫 「それは言えない」

私 「昨日下痢になったって言ってたから、それか」

夫 「もう聞かないで!恥ずかしいから。

   でもママ、これだけは言っておくけど、漏らしたのは初めてだし少しだから!」




もし、見たことのないパンツを夫がはいていたら・・・

夫は何を漏らしたのか・・・

そもそも漏らしたのは本当なのか・・・

誰にでも秘密はありますよね・・・


ってことで話もう終わったからドラマの続きを見ようと思ったら、

「言えない」って言ったくせに、「実はさ」っていきさつをこまかーく

聞かされました。

わかってるよ、だいたいそんなことが起きたんだろーなと思ってたよ。


そんな秘密などない風な夫だけど、

実際は結構秘密あるんだろうなー(笑)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村